2021-02

セックスのお悩み

性感マッサージってこんなに気持ち良いの?!私が初めて女性用風俗を体験したお話

セックスであまり快感を得られることがなかった私。女性用の風俗でもある性感マッサージを体験してから、体の感度が高まり、女性としての喜びに目覚めた気がします。性感マッサージは具体的に何をするのか?セラピストはイケメン?知らない男性に触られるのは怖くないのか?など、私が性感マッサージを受ける際に不安だったことを中心にお話ししていきたいと思います。
セックスのお悩み

コロナ禍セックスレス解消法!彼と実践したいリモートエッチのコツ7選

みなさんは、リモートエッチをしたことがありますか? 遠距離恋愛中の方や自粛期間で彼に会えない、セックスレスで辛い!というカップルに是非試してみてほしいのが、カメラモードでお互いの様子を見て会話をしながら気持ち良くなれるリモートエッチです。お互いの体に触れ合わなくても、ちょっとしたコツを意識すれば、リモートエッチでもしっかりと興奮することが出来ますよ。
恋活

初デートで好きな人を振り向かせるテクニック行動仕草35選 

男性と付き合うとき、その後はできるだけ長く付き合いたいと思うことが多いですね。しかしこの人いいなと思っていても、二度とデートに誘われないことも。そんな時、がっかりしてしまいます。その理由として、その男性を虜にしていない可能性があります。ここでは、初デートで男性を虜にするモテ女の行動仕草24選についてお話します。 
セックスのお悩み

人妻が語る!今でも忘れられない興奮した3人セックス3P体験談

こんなに刺激的で印象に残るセックスは後にも先にもありません。 その後も彼とはセフレの関係を続けていましたが、お互い同じタイミングで結婚が決まり疎遠になりました。 今でも鮮明に覚えていて、思い出す度にドキドキしている秘密の体験でした。
セックスのお悩み

私が体験した3人セックスは秩序ありで日本人らしい?!3P体験談

まじめに、清く正しく生きていくのもいいけれど、たまには刺激的な体験をしてみたいって思うこともありますよね。刺激的な体験がいったい何なのかは、人それぞれ違うと思いますが、やっぱり性的な面での刺激というのは、誰しも一度くらいは妄想したことがあるんじゃないでしょうか。映画やドラマなん
恋活

結婚したい!30代私の婚活での4つの恋愛テクニック

恋愛では、最終的には相手と自分との性格や価値観、将来的なことなどの話が大事になりますが、出会いにおいては「第一印象」が大事になります。 これは、相手の事をまずは第一印象でしか判断できないため、当たり前の事です。なので、初めは、「自分のありのままを見てもらう」のではなく、「相手に印象の残る、気に入ってもらえる服装や、見た目を考える」ということを頭に置いておくといいです。 そして、笑顔で居ること、相手の人から、「この人と一緒に居ると楽しい」と思ってもらえる雰囲気作りが重要になります。
セックスのお悩み

セックス拒否悲しい…女性からの上手な夜のお誘い方法15選

女性からセックスのおねだりをするなんて、恥ずかしいと思っていませんか? さまざまな価値観が交錯する現代では、セックスは必ずしも男性から誘うという観点はステレオタイプとされ、女性からセックスを誘うことは、最早はしたない行動とは認識されていません。 そうは言っても、上手な誘い方が分からないという女性も多いのではないでしょうか? そんな女性のために、今回は「セックスに彼を誘うテクニック」についてご紹介します。
恋活

気になる男性を振り向かせる6つの方法

私はずっと気になっていた彼を最終的に自分のものにしました。そのために私がとった行動を紹介したいと思います。大きく分けると5つあります。6つの段階、ステップを踏むと成功するということです。まず一つめはちょっとした気遣いをし続けると言うものです。簡単に言うと、頼られる存在になるということです。
セックスのお悩み

[体験談]彼氏ではない男性2人との3Pは本能のままの3人セックスでした。

一度だけ3Pを体験したことがあります。もちろん、それまで彼氏とだけ、そしていたってノーマルなセックスしかしたことがなかったので、本当に興奮しましたし、今でも思い出すだけでムラムラしてきますね。しかも男性2人は知り合いで彼氏ではなかったので非日常感半端ないかんじで、お互い本能だけでセックスしたようなかんじでした。
禁断恋

私の会社の後輩との不倫が夫にバレて修羅場になった体験談

2021年。今、わたしは心から幸せだと言える日々を送っています。わたしのことを一番に理解してくれる夫。そんな夫の顔によく似た、可愛い息子。周りからみても、きっと仲の良い幸せいっぱいの家族なのですが、そんなわたしたちも数年前、わたしの過ちによって、あと一歩で家庭崩壊、離婚というところまでいったのです。今も夫には頭が上がりません。
スポンサーリンク