35歳で婚約者に振られた私の彼氏の作り方。出会いの場では○○○を作るべし!

恋活

私は、つきあって1年ちょっとだけど結婚を意識していた男性に振られてしまい、仕事やプライベートでやる気がまったくでない状態になっていました。

この時の年齢は35歳。

私のまわりではちらほら結婚する友達がでてきて、結婚式に参加してあこがれは更に強くなっていったのです。

でも、結婚をすると考えていたので、急に別れをきりだされて思いがけないことで気持ちをすぐに切り替えるには少々時間がかかりました。

そうこうしている間にきがつけば36歳になっていて、40歳までに結婚を考えるならそろそろあせる年齢になりました。

30歳までに結婚を考えていた私は合コンで人脈を広げる事に

そこで私は、会社の先輩や後輩など可能な限り合コンに誘ってもらうようにしました。

学生時代の友達にも声をかけて飲み会やパーティがあれば、顔をだすからと声をひたすらかけてもらえるようにしました。

合コンでは、先輩との合コンでは自分が年下になるので、少し優位になることもありますが、後輩との合コンはひたすら姉御肌的な位置づけでうまくいくことはほとんど皆無でした。

しかし、合コンはあくまでその1回で彼氏をつくることを目的としないで人脈を広げることにしました。

そうすることで、人の縁はひろがっていき、友達の友達を紹介してもらうなどの軌跡がおこるかもしれないからです。

合コンでうまく付き合えるまでいかなくても、その時は、自分に言い聞かせることが重要です。

この中からではなくて、この人の友達の友達と付き合えるかもとポジティブに考えるのです。

そうじゃないと毎回合コンで、彼氏ゲットをできないでただただへこんでいってしまうからです。

自分のモチベーションをあげると表情も明るくなるので、メイクのノリも変わってきます。

服装も合コンをこなしていく中で変えていきます。

合コンは戦場だ笑!モテる女子のリサーチも徹底的に

それも合コンに参加してモテる女子の服装をリサーチして自分に似合うものをとりいれていくのです。メイクも濃いめよりはナチュラルなもの、趣味がどんなものが男性にうけるのかなどもリサーチすることができます。

こうした経験は合コンだけでなくお見合いパーティに参加するときにも活用できます。

こうした合コンでの人気の服装は、エレガントすぎない、でも女性らしいパステルカラーの服装がもてます。

スカートの丈も膝が少しみえるくらいの丈やヒールも高すぎないものがいいです。

更にもっているバッグはブランドものじゃないものにします。

ブランドものをもっていると相手がブランド好きでお金の使い道があらいという概念を持たれてしまう可能性があるからです。

また、お金をもってそうと貢がせる対象にみられることをさけることにもつながります。

話のトークも自分からたくさん話すよりも聞き役にてっして、彼が話すことにさらに話題をそえていくことを意識すると相手も気持ちよく会話をすることができて距離が少し縮まります。

お見合いパーティーでは女性の友達作りも意識

私は、お見合いパーティーでも女性の友達をつくることもして、そこで知り合った女性と飲みにいったりして情報交換したり、合コンするときに女性陣としてさそったりしました。

そうすると彼女が合コンするときにも読んでもらえたり、お勧めのお見合いパーティーや一緒にお見合いパーティにいってくれたりと一人でさみしく参加することもなくなります。

私は、学生時代の友達が知り合った交友関係が広い女性が企画するバーベキューにさそってもらい、参加してそこでその女性と仲良くなることでハロウィーンパーティーや社会人交流会と称した食事会に誘ってもらえるようになりました。

バーベキューでは、年齢も職業も様々な人がいるのと、その場での行動で人柄をみることができます。飲み会の場だと、猫をかぶってあまりわかりずらいですがバーベキューだと肉をやいたり面倒見がいいとか、かたずけを率先してやっているかなど細かい気配りがスマートにできるかをみることが出来ます。

ハロウィーンパーティーでは、みんなで仮想をすることで、それだけで話のタネがうまれて話が苦手な人でも話しやすい環境になります。

可愛いお菓子をもちよったり、コスプレで男子と女子の部で投票をしてもりあがったりもします。

写真をとって送るからと連絡先をスムーズにきいたりしやすいです。

社会人交流会では、仕事がおわって夕食を立食形式で食べながら、女性や男性と好きにどんなことでも話をすることです。

ここでも、看護師の方やベンチャー企業の方、IT、メーカー、金融と様々な業種の方々に会って会話をすることで、自分から積極的に会話をする力を身に着けることができます。

バーベキューで出会った交友関係が広い女性はここで旦那さんと出会ったという話を聞いて、女子たちのあこがれの存在でした。

自分たちもこの場で素敵な旦那さんをみつけられるといいなと夢がふくらみます。

旦那さんにもこの場で会って仲良くなりましたが、気さくな方で優しいかたでした。

ここに来る人はお見合いパーティーのような少し遊んでそうなチャラい感じの人はいなくて、真面目に女性と話すのが苦手で練習に来ているような人や仕事の転職を考えていて、転職先の触手の人に意見を聞きに着たりしている人が多くて真面目なつきあいでした。

立食で参加するのに食事代と飲み物代で3000円でした。

男性も同じ金額でした。時間は夜7時から9時ぐらいでした。

お店をかしきってやることが多いので時間は少し遅くまでなることもありますが、ラストドリンクと声をかけてくれるので終電ぎりぎりになることはありませんでした。

出会いは合コンだけでなく、自分で交友関係を広げて、バーベキューやハロウィーン、クリスマスパーティのような会に参加することで視野をせばめることなく様々な人との出会いから自分に合った人と出会えます。

今の彼氏も友達の友達の合コンで知り合った人なので、人の縁は広げればひろげるほど出会いに一歩近づきます。

27歳で婚約者に振られた私の彼氏の作り方。出会いの場では女友達を大切に

合コン1回2回で収穫なくてもがっかりしないで、その後、連絡を取り続けて新たな出会いにつなげる努力を自分で進めることが大事です。

待っているだけではなく、自分ですすまないと彼氏をつくる第一歩には近づきません。自分磨きをしつつ、行動する勇気をもってください。