中イキできなかった私が潮吹きまで。快楽セックスができるようになってしまった不倫体験談

禁断恋
ラブラボ運営
ラブラボ運営

こんにちは!今日はラブラボ読者さんから頂いた「中イキができるようになった体験談」の紹介です。

30代主婦の私はセックスで中でイクという経験がないまま結婚しました。

30代の主婦です。
少ない恋愛経験を経て結婚しましたが、人数が少ないせいなのか私の魅力が少なかったせいか女としての喜びの一つ、セックスでイクという経験がないまま結婚してしまったのです。

新婚だった頃は、毎日とはいかなくても夫とのセックスをしましたが、仕事もあるし家だしということでどんどん淡白になっていく一方です。
さらに、なぜか夫は早漏気味になっていくという不思議な現象が起きました。

セックスしてもあっという間に終わって、次もない。悶々とした気持ちだけが高まっておさめるために自分でしてみようと思い立ったのです。

セックスで中イキできない私はオナニーの練習でイク方法を研究

オナニーは、実は子供の頃からしていたので何をしたら気持ちがいいかは分かっていましたが、直接性器を触ったりおもちゃを使ったりした経験はありませんでした。
それでも性欲を満たすための好奇心の方がすでに勝っていて、ネットでオナニーの方法を調べる毎日になりました。

そして、どうせならセックスでイケる身体になろうとその方法も探るようになりました。

セックスでイケるようになるためには、自分で自分が一番気持ちいいところを把握することが大切だと学んだ私は、夫を見送った後ソファーに座りパンツを下ろして研究開始です。

まずはクリトリスの位置を確認

まずはクリトリスの位置を確認して触りました。小さな突起に触れた時、全身に電気が走るような感覚であまりの気持ちよさに手が止まらなくなりそうでしたが今日の目的はクリではないので必死に堪えて中へと手を滑らせていきます。

もったりとした感触が指に絡みついてきて、まるで吸われているような不思議な感じです。
ザラザラしたところはどこかな?と思って更に中に進めた時、大きな声が出てしまうくらいの衝撃が走るところに当たりました。

中イキの練習をする事でやっと自分の気持ち良い場所Gスポットがわかった

ここが私の一番のスポットだと直感で理解しました。

なるべく奥から掻き出すように撫でますが、それだけで凄まじい衝撃です。感じたことのない気持ちよさに怖くなってしまい、その先が続きません。

気持ちよくなりたいのに、何か溢れそう。そんな恐怖に打ち勝ちたいと思って、なるべく無心で手を動かしました。
腰がどんどん自然と浮いてきます。

そして、何分経った頃でしょうか、初めて中でイッたのです。

それから病みつきになり、毎日オナニーをしましたがなぜか夫のセックスでは相変わらずイクことが出来ませんでした。

中イキの練習を初めてから元カレと食事に行くことに

ある日、結婚を機に退職した職場の先輩からご飯でも食べないかとお誘いが来ました。
時間を持て余していたので二つ返事で誘いにのりました。

実は、その先輩は気兼ねなく何でも相談できるのですが独身時代付き合っていた元カレでもありました。

食事するうちに夫婦の生活のこと、そしてなぜかセックスについても話を振られるようになり今の不満や、自分がイキたいのにイケない事を赤裸々に話してしまったのです。
彼はそれを聴いて、俺の時もイケなかったの?と訝しげな表情になりました。当時は演技をしていたので気が付かなかったそうです。

それなら、今ならイケるかもよ?と不意に言われてドキドキしてしまいました。
その日はそのまま別れました。

中イキの練習を始めた私に元彼からセックスのお誘いが

それから数週間後、彼から連絡がきてもしまだイケないなら試してみない??と言われて私はその誘いに乗ることにしました。

夫には悪いと思ったのですが、元カレなのでまぁいいかと思ってしまった自分がいます。

待ち合わせの場所に着き、彼の車に乗り込んだだけでちょっとドキドキして身体が火照ったのが分かりました。
ドキドキしてる?付き合っていた頃には遠慮してできなかった事とか思いっきりしようね、と言われてエッチな想像と期待が膨らみます。

ホテルについて部屋のドアを閉めた瞬間に、彼は強引にキスをしてきたのです。
さすがの不意打ちに驚きましたが、私の身体に染み付いた彼のキスにあっという間に流されてしまいました。

それでも、シャワーだけは浴びさせてとお願いをしてなんとかシャワーをしてバスローブだけで彼を待ちます。

中イキの練習の成果を発揮する時がきました!オナニーの成果見せて?


シャワーから戻った彼は下着をつけていないことを確認した途端に、私の脚を思い切り開いてオナニーの成果を見せて?と言ってきて自分でするように言ってきました。

恥ずかしいからと言っても聞き入れては貰えず、仕方なくオナニーを始めました。
期待していた身体の火照りと、誰かに見られているという羞恥心から指が何もしなくともすんなりと入ってしまうくらいに濡れていました。

すぐに堪能スポットへたどり着き、声をあげる姿を彼は満足そうに観ていました。
次第に腰が浮き、イキそうになった瞬間に彼は手を掴み外すよういいました。

中イキができるようになった私はさらに上の快楽へ。初めての潮吹き

その代わりに、彼の指が中へ。
まるでその場所を見極めていたかのようにスッとスポットを探り当てられ、あまりの気持ちよさに大きな声が出てしまいました。
それでも激しい手を止めない彼の刺激で、すぐにイクと同時に何かが出たことを感じました。

潮も吹けるようになったの?エロいね。
と指摘され、自分がはじめて潮吹きしたことを自覚しました。

それから、何度イカされた事でしょうか。
簡単にイッてしまうのが楽しいらしく、何度も何度も潮も吹かされました。

中イキ後のセックスで理性を失ってしまった私

さすがに、自分も耐えられなくなってきた彼が指ではなく、彼自身を挿れてきます。
何度もイッているので敏感になりすぎていて、ちょっと入っただけでイキそうになりました。

今まで、中で感じたことのない彼自身の気持ちよさを強く感じて嬉しさと恥ずかしさで訳がわからなくなります。
彼も我慢していたのか、すごいスピードでピストンしてきて絶頂に向かっているのが分かりました。

結婚しているのに、どうしても彼をそのまま受け入れたくなる彼を感じてしまい、中に欲しい事を懇願してしまったのです。
私は月経不順の治療でピルを飲んでいたので安心していました。

中に出してとお願いした途端さらにスピードが上がります。
私も感じたことのない高揚感と押し寄せてくる気持ちよさに夢中です。

あまりの気持ちよさに彼より先にイッてしまいました。
そして、イッたのを確認した彼は気持ちよさそうに奥の奥に向かって発射したのでした。

初めて中でイケたの?気持ちよかった?って質問にも答えられないくらいの脱力感を覚えていましたが、その姿に興奮したのか満足していなかったのか抜かずに彼がまた大きくなってきました。
そのまま2回戦がスタートしたのです。

中イキできなかった私が潮吹きまで。快楽セックスができるようになってしまった不倫体験談まとめ

結局何回したのか分かりません。
一緒に入られる間、ずっと抱かれていたと思います。
そして、彼のセックスの虜になって未だにたまに会う関係は続いています。

それでも、他の人のセックスも気になるので最近流行りのマッチングアプリでもやってみようかなと思っています。