旦那とのセックスレスがきっかけで6歳年下彼と不倫!30代リアル昼顔妻の実情

禁断恋
ラブラボ運営
ラブラボ運営

こんにちは!今日はラブラボ読者さんから頂いた不倫の体験談を紹介していきます。

現在進行中のお話のようですよ!

結婚8年目、30代、子供にはまだ恵まれていません。
私は25歳で6歳年上の旦那と結婚しました。
旦那はあまりタイプではありませんでしたが、結婚した理由は、安定している職業についていたことです。

不倫の理由は旦那とのセックスレスで満たされない日々が…


安定している職業についていたので結婚するにはいいんじゃないかなと思い結婚式しました。

元々、旦那とはデートしたりセックスをしたりすることは少ないと感じていたのですが、結婚してからは更に少なくなりました。
私も旦那とデートしたいとかえっちしたいとかたいして思っていなかったのでそれでよかったのですが、なんだか満たされていない感じがしていました。

結婚生活は可もなく不可もなく、ただ何となく物足りないなと感じていました。

不倫関係の6歳年下の彼とは職場の後輩先輩の関係でした。

そんな時に出会った彼と不倫関係になりました。
彼は私の勤める会社の後輩なのですが、まだ20代前半で若くてかわいくて元気がいいなというのが第一印象でした。

私もかわいいなぁとは思っていましたが、どうこうなろうとは最初は考えていませんでした。

会社の忘年会に参加した時にたまたま隣に座ったので、いろいろと話すことになりました。
彼はいろいろと話をしてくれて話題に困らなくて助かりました。
そして、彼は私が結婚をしていることを知りませんでした。
私は隠しているつもりはありませんでしたが、そういえば子供もまだいないから子供の話はできないし、旦那の話とかも会社ではしていなかったなと思いました。

たまたま隣りで話していて話の流れで結婚しているという事実を知った彼はとても驚いていました。

そして、彼に旦那は特に嫌とか悪いところはないんだけど、なんか物足りなく感じているんだよぇと話していました。
20代前半の独身の彼にそんなことを打ち明けてもアドバイスしにくいだろうし、困らせてしまったかなっとハッとしたのですが、彼はなにが物足りないの?とくいついてきました。

私も何が物足りないかよく分かっていなかったので何だろうなぁ?と言ったら、俺はなんとなく分かる気がすると言われました。

えっ?と思ったのですが、もしかしたら俺が物足りなさを解消できるかもしれないから忘年会終わったらこっそり2人で飲み直しませんか?と小声で言われました。

これはまさか?と思いましたが私はそう言われたことにとてもドキドキして断ることなんてできませんでした。
何かを期待している自分がいました。

「デートでもセックスでも欲求を満たすよ」という彼の甘い言葉に誘われて始まった不倫という関係

そして、忘年会が終わり、彼と2人で居酒屋の個室に入りました。
彼からは私はきっと欲求不満なんじゃないかなと言われました。
私も彼から飲み直さないと聞かれた時にとてもドキドキしてしまったのでもしかしたらそうかもと思ってしまいました。

彼からは、結婚していたのはちょっとショックだったけど前から私のことをちょっといいなと思っていたので、俺でよかったら相手になるよと言われました。

相手になるってどういうこと?と聞き返すと、話し相手でもデートでもセックスでも私の欲求を満たすことをしてくれると言うのです。

私はもうなぜか身体がほてってきていました。
お酒を飲んでいたせいもあってか、そんなことを言われ舞い上がり、自分から彼をホテルに誘っていました。

6歳年下彼との最高のセックス。不倫という甘い蜜

彼とのセックスは旦那の淡白なセックスとは比較になりませんでした。
若いけどとても上手だったし、私が気持ちよくなるように一生懸命してくれているのが分かりました。

そして彼からは、一夜限りとかは悲しいから私さえよかったら彼氏でいさせて?と言われました。

私結婚してるんだよ?と言うと、2人で秘密を守ればいいし、私が困るようなことはしないと言われました。

私もなんだかこの先非日常な毎日が待っている気がして、今までなんとなく感じていたら物足りなさを解消できるのではないかと思ってしまい断れませんでした。

6歳年下彼氏との不倫で開花した30代女の性欲

それから彼との不倫が始まりました。
彼は、私が家事をこなしてあるであろう時間や旦那と一緒だと思われる時間には連絡をしてくることはありませんでした。
本当に私の迷惑になるようなことは控えてくれています。
私が既婚者ということもあり、なかなか夜に頻繁に会うということができないので、同じ会社なのをいいことに、会社の人気のないところなどでえっちをしていました。
私は歳下の彼とのセックスにとてもハマっていました。
また、会社でセックスをするというシチュエーションも、なんだか物足りないと感じていた私にとっては物足りなさを解消する起爆剤になったと思っています。
会社でセックスなんて誰かに見られてしまったらどうしようと思うと余計に興奮してしまう自分がいました。

人妻のセックスはエロい。彼なしではダメな身体になってしまいました。

ホテルでする時にも彼とはいろいろなプレイや体位などを楽しみました。
彼はやっぱり人妻はエロいなんて言っています。
私も彼無しではダメな身体になってしまっています。

旦那との生活は以前と変わりませんが、不倫で年下の彼とセックスをするようになってからなんだか物足りないなと感じることは無くなりました。

それに、自分が満たされているせいか以前より旦那に優しくなることができました。
前から旦那には優しくはしているつもりでしたが、義務感で洗濯などをしているという感じだったのですが、旦那の好きな料理を沢山つくってみたりと旦那のためと何かをする事も増えました。

旦那からはセックスを誘ってこないのでどうしているのかは知りませんが、今では誘ってきてくれないのがとてもラッキーだと思っています。
旦那と淡白なセックスをするより不倫相手とセックスをするほうが100倍気持ちいいからです。

旦那には不倫がバレないように6歳年下彼氏との恋愛を楽しみます。

そして、旦那はまだ何も言ってこないので、不倫していることはバレていないと思います。
不倫がバレたとしても、旦那の場合、離婚とかにはなりそうにないなとは思うのですが、バレないに越した事は無いので、バレないように気をつけています。

また、会社でえっちなことなどしてしまっているので、会社の方にもバレないように気をつかっています。
私の場合は、会社にバレることのほうが厄介なことになりそうな気がするのでとても気をつけています。

私は不倫をしていることで、物足りなかった日常生活が劇的に変わり満たされて、旦那にも優しくなったし、仕方にも意欲が出るようになりました。
こんなことは誰にも言えないけれど私にとって不倫はメリットがありすぎてやめられる気がしません。